特別養護老人ホーム ほくら園ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
№18 食欲の秋、満喫!
2020-10-13
 
 少し肌寒く、曇り空の下行われました”秋の味覚まつり”
 
こすもすグループでは、今年も焼き芋、焼き栗、じゃがバター等が振る舞われました。
 
職員が炭火の準備から調理まですべてを行いました。
 
昨年は着火剤の購入を失念してしまい悪戦苦闘しておりましたが、今年は忘れませんでした。
 
準備も良く、行程管理もバッチリ。
 
次々と焼き上がる秋の味覚。
 
余程美味しかったんでしょう。
 
介助で口元に運ばれる前に食べようと手を伸ばす方もいらっしゃいました。
 
 
 
 
*美味しいものを食べると、つい急いでしまうのも分かりますが、誤嚥もしやすくなりますので、この記事をご覧頂いている皆さまにはくれぐれもゆっくりと落ち着いて食事をして頂きたいと存じます。
 
№17 ユニット ミニオリンピック
2020-06-19
 
 
やぁやぁ皆の衆。元気にお過ごしでしょうか?
当ほくら園ユニットの皆様は元気一杯。何を以って元気一杯なのかと聞かれれば、こう答えましょう。                                                                           
先日行われた、「ユニット ミニ オリンピック」(例年の運動会)の入居者の参加率が、なんと100%であります。
 
因縁の好敵手が再び、6月9日のかりんデイルームで、合間見えた訳であります。
とはいっても、今年は昨年までと趣向が違いました。                                               
今まではけやき組とかりん組に分かれておりましたが、今年はその仕切りを取っ払いまして、ごちゃ混ぜのチーム編成となっております。                                                                 
                                                                               
当初は14時30分からのスタートでしたが、闘争心むき出しの両軍が勇んで準備した結果、20分も巻いて始まりました。                                                                               
 
まずは白紅両軍の代表が、正々堂々と争うことを誓う選手宣誓。
次に、ケガのないように、準備体操を。
ここは競い合う所ではないので、皆さん一様に肩や首を回してリラックス。
続きまして手にボンボンを持って応援合戦。                                                       
競い合うのは声のボリュームから。今年も熱が入っております各組の応援団長を務める介護職員。1年で今日しか使わないですねー                                                                               
                                                                               
        『 エイ、 エイ、 オーーーーー!!!!』                                             
 
の掛け声で士気は最高潮。その士気を繋いだまま競技開始です。                                     
 
第一種目は恒例『玉入れ』。                                                                      
前のめりになりながら次々に放り込む両軍。外した玉も職員がすぐに拾い選手に補充していきます。     
2回行いましたが、2回とも紅軍が勝利を収めました。                                                                              
第二種目は『オリンピック五輪送り』                                                             
この独自の競技について、ご説明いたしますと、                                                   
各軍一列に並び、先頭から五輪の輪っかを1つずつ手渡しで送っていき、最後の人から手渡された職員が、それを壁に掛け、オリンピックのマークを早く完成させた方の勝ちという競技です。                 
そしてすみません。この競技だけカメラ係もサポートにつきましたので、写真が一切取れていません。   
結果だけお知らせすると、3回行いましたこの競技、1回目は紅組、2回目も紅組、3回目は白組が勝ちました。                                                                               
ただここで一つ。                                                                               
実は3回目は応援団長を入れ替えて行われましたが、結果は直前と逆になってしまいました。           
といこうとは、紅組の応援団長は勝利の女神なのか。はたまた負け続きの白組の反撃ののろしなのか。                                                                           
競技はいよいよ第三種目『パン食い競争』へ。                                             
当運動会ではご存知、団体競技並みの配点が個人で稼げてしまう競技。                               
この競技次第で逆転もあり得ます白組。一方紅組はこれまでの得点差で余裕があるか。                 
        *なお、パンは手で掴み取ることとし、パンが苦手な人なゼリーとなってります。             
各組、真剣さが一段と極まりました。                                                             
普段は絶対に出さないスピードで(安全には十分考慮しています)パンを掻っ攫っていく各選手。       
自分の番が終っても『やれもう一戦』と動き出す選手が続出し、あっという間に競争は終了しました。   
                                                                               
果たして、今回のオリンピックを制したのは、いったいどちらの組だったのでしょうか。                                                                               
        優勝は・・・・・、『紅組!』                                                                    
        準優勝はもちろん・・・・・、『白組!』                                                                                                                                          
優勝、準優勝の組共に、カップと表彰状が贈られました。                                           
その後、ヒートアップした熱は、茶話会で振る舞われたアイスによって鎮火されました。
 
№16 お花見<さくら・ユニット>
2020-04-14
 
 コロナで外出自粛、天候も不安定、面会も禁止。
 
 運悪く重なる制限の中、季節の情緒を体感しましょうということで、
 
 目では「桜」を、舌では「さくら餅」を味わいました。
 
 やっぱり、春は桜ですねー。
 
 今年はほくら園の周りにある桜も綺麗に咲きました。
 
 早く制限が解除になるよう、我々は待つばかりでありますが、
 
 このブログではなるべく多くの写真を掲載することで、
 
 いかにして待っているかを発信していきたいと思っております。
 
 
№15 お花見<こすもす・ひまわり>
2020-04-14
 
 コロナで外出自粛、天候も不安定、面会も禁止。
 
 運悪く重なる制限の中、季節の情緒を体感しましょうということで、
 
 目では「桜」を、舌では「さくら餅」を味わいました。
 
 やっぱり、春は桜ですねー。
 
 今年はほくら園の周りにある桜も綺麗に咲きました。
 
 早く制限が解除になるよう、我々は待つばかりでありますが、
 
 このブログではなるべく多くの写真を掲載することで、
 
 いかにして待っているかを発信していきたいと思っております。
 
 
 
№14 節分行事 
2020-02-17
 
 
ユニットは2月3日、ほくら園は2月4日にそれぞれ節分行事が行われました。
 
今年も彼らが各グループのデイルームを練り歩きました。
 
 
 
そう、あの青やら赤やら緑やらの、人の形をし、手には獲物を携え、さぁさぁこれからと言わんばかりに闊歩。
 
その鋭き眼光は利用者を捉え、ようようと襲い掛からんとする!
 
しかし、その気勢は利用者に届くことなく引っ込めることに。。。
 
「それ、鬼は外ー!」との掛け声とともに、それぞれに手にした豆やチョコを投げつけられ、
 
さすがの巨漢も、それには敵わず一目散に逃げ出したとさ。
 
 
 
 
邪気払いは済み、今年も良い年になりそうだ。
 
ちなみに、豆まきでは自分の歳と同じ数だけ豆を食べると良いという話がありますが、さすがに80何粒も食べられませんので、この後は皆様にはコーヒーゼリーを召し上がっていただきました。
 
1
<<社会福祉法人くびき社会事業協会>> 〒942-1103 新潟県上越市大島区大平5131番地 TEL:025-594-3311 FAX:025-594-3312