特別養護老人ホーム ほくら園ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
№16 お花見<さくら・ユニット>
2020-04-14
 
 コロナで外出自粛、天候も不安定、面会も禁止。
 
 運悪く重なる制限の中、季節の情緒を体感しましょうということで、
 
 目では「桜」を、舌では「さくら餅」を味わいました。
 
 やっぱり、春は桜ですねー。
 
 今年はほくら園の周りにある桜も綺麗に咲きました。
 
 早く制限が解除になるよう、我々は待つばかりでありますが、
 
 このブログではなるべく多くの写真を掲載することで、
 
 いかにして待っているかを発信していきたいと思っております。
 
 
№15 お花見<こすもす・ひまわり>
2020-04-14
 
 コロナで外出自粛、天候も不安定、面会も禁止。
 
 運悪く重なる制限の中、季節の情緒を体感しましょうということで、
 
 目では「桜」を、舌では「さくら餅」を味わいました。
 
 やっぱり、春は桜ですねー。
 
 今年はほくら園の周りにある桜も綺麗に咲きました。
 
 早く制限が解除になるよう、我々は待つばかりでありますが、
 
 このブログではなるべく多くの写真を掲載することで、
 
 いかにして待っているかを発信していきたいと思っております。
 
 
 
№14 節分行事 
2020-02-17
 
 
ユニットは2月3日、ほくら園は2月4日にそれぞれ節分行事が行われました。
 
今年も彼らが各グループのデイルームを練り歩きました。
 
 
 
そう、あの青やら赤やら緑やらの、人の形をし、手には獲物を携え、さぁさぁこれからと言わんばかりに闊歩。
 
その鋭き眼光は利用者を捉え、ようようと襲い掛からんとする!
 
しかし、その気勢は利用者に届くことなく引っ込めることに。。。
 
「それ、鬼は外ー!」との掛け声とともに、それぞれに手にした豆やチョコを投げつけられ、
 
さすがの巨漢も、それには敵わず一目散に逃げ出したとさ。
 
 
 
 
邪気払いは済み、今年も良い年になりそうだ。
 
ちなみに、豆まきでは自分の歳と同じ数だけ豆を食べると良いという話がありますが、さすがに80何粒も食べられませんので、この後は皆様にはコーヒーゼリーを召し上がっていただきました。
 
 
№13 至高のおやつ? 
2020-01-16
 
 本年も明けまして、2週間目が終わる14日火曜日。
 
 ほくら園の2Fの一角、こすもすグループでは介護職員謹製の”フレンチトースト”が振る舞われました。
 
 
 ご覧ください、この焼き加減!(写真1枚目)
 
 さらに写真では感じられませんがにおい!
 
 砂糖とバターの焼ける香ばしいにおいが部屋いっぱいに充満し、皆さんテレビよりも鉄板に釘付け。
 
 
 お味の程はもちろんの事。
 
 いつもとは一味違う甘味もいいものだ?
 
 
 
№12 クリスマス会 
2019-12-27
 
 
降りしきる雨の速度がゆっくりとなった12月24日。
ほくら園では一大イベントである、クリスマス会が開催されました。 
               
デイルームは赤系統の装飾で華やかに飾り付けられ、ツリーやリースはクリスマスの雰囲気がひしひしと感じ取れます。 
職員の準備はそれだけではありません。   
昼食にビュッフェ形式を提案し、自分で好きなものを選んで食べるという、食の醍醐味が存分に活かされた一時の創造に成功しました。   
   *(ビュッフェのメニュー:ちらし寿司、サンドイッチ4種《卵、メンチ、ピーナッツバター、イチゴジャム》、ロールキャベツ、フルーツポンチ、アルコール各種)
               
               
また、このイベントにはサンクリーンコザカイ様より、クリスマスケーキの寄付を頂きました。       
およそこの日くらいにしか食べられないケーキ。   
配られるとすぐにフォークが進みます。   
視覚効果を使った演出もばっちり。ろうそくが施されたケーキはより一層華やかに見え、期待感が高まります。 
                          
そして、デザートの後はいよいよプレゼントの登場です。   
ほくら園家族会より、入所者・入居者全員にプレゼントが手渡されました。   
プレゼンターはもちろんこの方々。1年ぶりのご来園、サンタクロースのお二人です。  
今年は一人一人の手元に膝掛けと靴下が。ぜひその厚みを写真でご確認下さい。            
               
いやぁ、それにしても今年のクリスマス会は盛り上がりました。     
朝から舞っていた雪は、会が終わるころにはすかっり止み、まるでホワイトクリスマスを演出するためだけに降ったようにさえ感じられます。     
天候もさることながらやはり介護の皆様の演出が素晴らしい。       
会の最後ではさくらグループで職員による”歌謡SHOW”が行われ、大いに賑わいました。     
   *残念ながら、被写体があまりにも動いていたため、掲載できる写真が撮れておりません。'orz
               
               
そして、大きな問題もなく、2019年のクリスマス会は名残惜しいですが午後4時に閉会となりました。       
ゲストの入所者・入居者様には大いに楽しんでいただけたかと思います。     
担当の職員の皆様、お疲れ様でございました。     
               
また一年、楽しく暮らしながら来年のクリスマスを迎えましょう。   
しからば今回はこれにて。  
 
     
1
<<社会福祉法人くびき社会事業協会>> 〒942-1103 新潟県上越市大島区大平5131番地 TEL:025-594-3311 FAX:025-594-3312